2010年03月17日

地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)

 14日午後5時8分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県楢葉町で震度5弱を観測した。また福島、岩手、宮城、栃木の各県で震度4、青森県から山梨県までの広い地域で震度3を観測した。気象庁によると、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7と推定される。

 気象庁によると、太平洋プレートと陸のプレートの境界付近で発生した海溝型地震で、地震を引き起こした断層は西北西−東南東方向を境界とする逆断層型。震源付近では13日にもM5.5の地震(最大震度4)があったが、今回の地震との関連性は低いという。

 同庁は地震検知から3.6秒後に緊急地震速報を発表。ほとんどの地域で大きな揺れが来る前に速報が流れ、楢葉町では5秒の余裕があった。同庁の関田康雄・地震津波監視課長は会見で「大きな地震が頻発する地域ではないが、念のため1週間程度は最大震度4程度の余震に注意が必要だ」と述べた。

 その他の主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度4=福島市、福島県郡山市、白河市、いわき市、盛岡市、岩手県北上市、一関市、宮城県栗原市、石巻市、塩釜市、栃木県大田原市

 ▽震度3=八戸市、秋田市、山形県鶴岡市、水戸市、群馬県邑楽町、埼玉県熊谷市、千葉県香取市、東京都江戸川区、神奈川県二宮町、新潟県村上市、山梨県忍野村【福永方人】

【関連ニュース】
<全国の地震に関する最新情報>
<チリの地震の津波では>大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫
<写真特集>関東大震災
<写真特集>阪神大震災
<特集>備える 地震の基礎知識

共産・穀田氏、「何回離党したの?」 鳩山邦夫氏の“離党癖”を皮肉る(産経新聞)
皇太子さまがガーナ、ケニア訪問からご帰国(産経新聞)
最先端研究基金、配分決まる=iPS山中教授は「満額」−科技会議(時事通信)
鳩山邦夫氏が離党届 園田氏は役職辞任へ(産経新聞)
参院選で他党と選挙協力せず…公明・山口代表(読売新聞)
posted by ミツハシ トクオ at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

住職が自分の寺に放火、前日3億円の保険(読売新聞)

 約500年の歴史があるとされる寺に放火したとして、埼玉県警は8日、寺の住職だった同県小川町、僧侶西原弘道容疑者(53)を非現住建造物等放火などの容疑で逮捕した。

 捜査関係者によると、西原容疑者は火災前日に約3億円の火災保険に入り、家財道具などを運び出していた。西原容疑者には数千万円の借金があったといい、県警は保険金目的の放火とみて調べる方針。

 関係者によると、西原容疑者は昨年11月5日夜、同県東秩父村安戸の聖岩寺で、本堂や隣接する自宅に灯油をまいて火を付け、4棟約460平方メートルとリースの乗用車を全焼させた疑い。

 出火当時、各棟から同時に火が出たとの目撃情報があり、県警は放火の疑いもあるとみて捜査。本堂や西原容疑者の寝室など数か所から油性反応が検出されたほか、西原容疑者が火災前日、本堂や仏具などに約3億円の火災保険をかけていたことも確認された。

 県警が放火容疑で西原容疑者の親族宅を捜索したところ、火災で焼失したとみられていた徳川家光ら将軍の押印がある古文書9通などが見つかった。さらに西原容疑者が火災前、引っ越し業者に依頼し、けさや法衣、檀家(だんか)記録など、私物や家財道具を運び出していたことも判明した。

 西原容疑者は普段からリースの高級外車に乗り、寺近くの賃貸マンションを別宅にしていた。スナックで豪遊するなどし、数千万円の借金を抱えていたという。火災後は住職を辞めた。保険金は支払われていない。

 寺は500年ほど前に開山したとされる古刹(こさつ)で、焼失した本堂は約200年前に建て替えられた古い建築物だった。寺では2006年1月にも、当時の住居の一部が燃える火災が発生しており、県警で関連を調べる。

<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)
首相動静(3月8日)(時事通信)
<民主党>政調復活へ41人会合 小沢体制に反発(毎日新聞)
北海道根室市で震度3(時事通信)
豪警察SS船捜索 岡田外相「理解し、行動に移してくれた」(産経新聞)
posted by ミツハシ トクオ at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

甲南大の「DNAモデル」、ギネスで世界最大に認定(産経新聞)

 甲南大学(神戸市東灘区)は8日、先端生命工学研究所(FIBER)などがある神戸市中央区のポートアイランドキャンパスに設置されている高さ約23メートルのDNAモデルが「世界一大きいDNAモデル」としてギネスブックに認定されたと発表した。

 「DNAのことをより広く知ってもらいたい」という杉本直己教授(54)の発案で、昨年5月に設置されたが、英国・ハダースフィールド大学の模型(約22メートル)を抜き、先月世界一と認定された。

 モデルは実物の10億倍もあり、夜には照明でライトアップされ、付近を通るポートライナーの車内からも見ることができるほど。杉本教授は「一般の人にはわかりにくいDNAに、もっと関心を持ってもらえれば」と話していた。

【関連記事】
闘鶏山古墳本格調査へ 未盗掘石室、科学が迫る 遺骨DNA鑑定も
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡
鳥の種類をDNA鑑定で特定へ 航空機衝突対策で国交省
超微細炭素分子 フラーレンで遺伝子治療 東大チーム 実験に成功
ツタンカーメンは「病弱王」だった
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<足利事件>弁護団、菅家さん在廷の撮影許可求める(毎日新聞)
2遺体に銃撃の跡?…伊勢崎4人死亡火災(読売新聞)
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天(医療介護CBニュース)
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か−兵庫県警(時事通信)
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)
posted by ミツハシ トクオ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。