2010年02月17日

足利事件 論告わずか1分 菅家さん「物足りない」(毎日新聞)

 17年余りの無実の罪を認める論告はわずか1分で終わった−−。12日、宇都宮地裁で開かれた「足利事件」の再審公判。論告で検察側は冤罪(えんざい)で自由を奪われた菅家利和さん(63)に無罪を求刑した。公判の担当検事は誤りを認めて謝罪したが、菅家さんが最も求めたのは、取り調べた元検事の謝罪。菅家さんは終始、険しい表情を崩さなかった。【立上修】

 検察側が無罪を求めたことで事実上の無罪判決が出たとも言えるが、菅家さんの心は晴れなかった。公判後の記者会見で「17年半を思えば、1分少々(の論告)じゃ物足りない。謝罪はあったが、1分少々では腹の底から謝ったとは思えない」と不満を述べた。

 会見に先立ち、菅家さんは、前夜に降った雪を踏んで宇都宮地裁に入った。午前10時、開廷が告げられると、弁護団席に座り、硬い表情で目を伏せた。検察側が無罪を求刑した論告。再審担当の検察官が「17年余りの長期間にわたり服役を余儀なくさせて、取り返しのつかない事態を招いたことに検察官として誠に申し訳なく思っている」と謝罪した瞬間、菅家さんは天井を見上げた。だが、検察官3人が頭を下げても、小さくうなずいただけだった。

 91年12月1日早朝、突然現れた刑事に任意同行を求められた。あずかり知らぬ罪を着せられ、釈放されるまでの6396日間も自由を奪われた。その罪を解くための論告は、わずか1分足らずで終わった。

 弁護側の最終弁論が始まり、捜査と裁判の過ちに言及しても、菅家さんは手元を見つめたままだった。公判の最後に、裁判所に対して冤罪被害者が二度と出ないように事件の真実を明らかにするよう求める意見陳述をした。

 ◇菅家さん意見陳述

 再審公判の最後にあたって、裁判所にお願いしたいことがあります。それは、なぜ何もやっていないのに私が犯人にさせられ、17年半も自由を奪われたのか。その原因をきちんと説明してほしいということです。そして、こうなった責任は誰にあるのかも、きちんと説明してほしいということです。

 森川(大司・元)検事と福島(弘文)科警研所長は、私に謝りませんでした。それは納得できません。裁判所にはどうしても私に謝ってほしいと思います。

 私が間違って犯人とされたため、真実ちゃんを殺した犯人はいまだに逮捕されていません。本田鑑定が犯人のDNA型を明らかにしたのに、検察官はまるで犯人を逃がすようなことをしています。そのようなことは絶対に許されないと思います。

 自由を奪われた17年半は、本当につらくて苦しい毎日でした。私と同じように冤罪で苦しむ人が今後二度と出てほしくはありません。そのためにも足利事件の真実を明らかにしてほしいと思います。裁判官、どうか、私の17年半を無駄にしないような判決をお願いします。

【関連ニュース】
足利事件:検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪
横浜事件:65年待った「答え」 遺族ら万感 実質無罪
足利事件再審:可視化集会で菅家さんが講演
足利事件:許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め
足利事件再審:元検事「深刻に思う」 菅家さん「謝って」

<救護被爆>厚労省が認定緩和 広島・長崎指針を全国通達へ(毎日新聞)
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か−広島・呉(時事通信)
参院選にマイナス=石川議員の離党などで民主・平田氏(時事通信)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−宮崎(時事通信)
<無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒(毎日新聞)
posted by ミツハシ トクオ at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

<フィリピン>スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)

 アジア最大のスラムと呼ばれたフィリピンのごみ捨て場で暮らす人たちを撮る映画監督、四ノ宮浩(しのみや・ひろし)さん(51)が、映画を見た人たちの寄付金を基に現地にボランティア施設「バスーラの家」の建設を進めている。病気で亡くなる子供を助けるために予防接種や給食の場とする計画で、3月にも完成する。ボランティアの無料宿泊所も兼ね、「日本の若者と住民が交流し、現状を変える力になれば」としている。【馬場直子】

 ◇撮影がきっかけ…予防接種や給食の場に

 建設場所は、マニラ北部の「アロマごみ捨て場」敷地内。四ノ宮監督は89年から度々現地入りし、ごみ捨て場にバラックの小屋を建て、資源ごみを換金して暮らす人たちのことを撮影。「バスーラ」(タガログ語でごみの意味)など、3作を公開した。

 取材や撮影の際、最も心を痛めたのが子供たちの死だった。ごみ山に住むため、衛生状況はひどい。薬代が月収の5分の1にも上り、病院にも行けない。ごみ拾い中、トラックにひかれることもある。現状を知ってもらうために映画を撮ってきたが、「より直接的な支援をしたい」と、「バスーラの家」の創設を決めた。

 施設は平屋建て約250平方メートル。四ノ宮映画に出演した住民や日本人留学生がスタッフを務める予定。地元の医師と協力し、ポリオなどの予防接種をしたり、給食の提供などをする。

 昨年10月に着工し、12月には、映画を見た日本人大学生7人が、私費で現地に渡り、造成工事などを手伝った。現地に入って3日目に赤ん坊の死に立ち会ったという慶応大3年、中井洋平さん(21)は「頑張れば幸せになれる。そんな当たり前の環境を整えてあげたい」と語る。

 四ノ宮さんは撮影中に「自分は一生、ごみ捨て場で暮らすから、弟と妹を学校に行かせて」と願う少女に出会った。炊き出しなどをするボランティアツアー参加者を募集中で、「日本の若者に、他人のために生きる素晴らしさを分かってもらえたら」と話す。

 建設・運営費のカンパやツアーの申し込み・問い合わせは、四ノ宮監督が代表を務めるオフィスフォープロダクション(03・6425・9037)へ。

<上野動物園>パンダ飼育へ 11年にも中国から受け入れ(毎日新聞)
「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」−厚労省元部長が証言(時事通信)
石川被告進退、民主に離党論 「まず本人意思」首相辞職言及(産経新聞)
埼玉不審死 当初から「他殺」見立て(産経新聞)
<訃報>豊沢豊雄さん102歳=元国民協同党衆院議員(毎日新聞)
posted by ミツハシ トクオ at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)

 非常に強い寒気と冬型の気圧配置の影響で6日、北日本や北陸は大雪と強風に見舞われた。新潟市内では吹雪で車約100台が一時動けなくなり、乗っていた70人以上が近くの施設に避難するなど、市民生活に大きな影響が出た。気象庁によると、新潟、群馬両県では24時間降雪量が70センチを超えた所があり、新潟県十日町市の積雪は同日午前5時に300センチに達した。

 新潟市西区では、吹雪による視界不良のため通行止めになった国道116号(新潟西バイパス)から周辺の広域農道に迂回(うかい)した車が次々と雪にはまるなどし、一時数カ所で計100台以上が動けなくなった。同市は周辺の体育施設など7カ所に臨時避難所を設置し、3カ所に計76人が避難。男性(58)が一時的な過呼吸で病院に救急搬送された。

 同市によると、午後10時半現在、なお58台が立ち往生したままで、車内に残って車が動くのを待っている人もいるという。

 国道116号は曽和インターチェンジから最長約4.5キロの区間で、6日午前5時ごろから午後2時40分まで10時間近く通行止めになっていた。吹雪は夜になってやや弱まり、除雪やレッカーで車を移動する作業が進められているという。

 同区の健康センター「アクアパークにいがた」には54人が避難し、疲れ切った表情で復旧を待ち続けた。同区の桐生俊夫さん(69)は「2時間ほど動かそうとしたがあきらめた。この吹雪ではどうしようもない」とあきらめた様子だった。【畠山哲郎、岡田英、塚本恒】

 ◇都心でも強風

 気象庁によると、6日午後11時現在の各地の積雪は▽山形県大蔵村268センチ▽北海道幌加内町238センチ▽福島県只見町231センチ−−などで、平年を上回っている所が多い。最大瞬間風速は▽新潟県佐渡市31.5メートル▽秋田市27.9メートル−−などで、東京都心でも22.5メートルを記録した。【福永方人】

 ◇交通機関に乱れ

 雪や強風の影響で、各地の交通機関は乱れた。JR各社によると、東海道新幹線は雪のため一部区間で速度を落として運転。上下線計148本が10〜39分遅れ、約9万4000人に影響が出た。

 東北新幹線では午後9時50分ごろ、福島市栄町の福島駅で、積雪のためポイントが切り替わらなくなるトラブルがあり、同駅に停車中の新庄発東京駅行きの上り「つばさ132号」(7両編成)が運休した。乗客約120人は後続の「やまびこ70号」に乗り換えた。このトラブルで同新幹線の上下2本が14〜27分遅れ、約800人に影響が出た。空の便も欠航が相次ぎ、全日空は66便、日本航空が計21便欠航した。【山本将克】

【関連ニュース】
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
大雪:東北、北陸に寒気直撃…京都・金閣寺雪化粧
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度
大雪:新潟で100センチを予想 4日午後6時までに
雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方

<陸山会事件>小沢氏不起訴 石川議員ら3人は起訴 (毎日新聞)
「学校に行かせられない」=対応に不満、登校させず−小1死亡事件で逮捕の両親(時事通信)
隕石635個を採取=「世界一」奪還はならず−南極観測隊が会見・昭和基地(時事通信)
<雑記帳>ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
<鳩山首相>「党の判断ある」石川議員進退で(毎日新聞)
posted by ミツハシ トクオ at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。